印鑑セットの実印について

印鑑セットについてくる実印ですが、そもそも実印とはどういった印鑑なのでしょうか。実印とは契約や取引などで大切な役割を果たす大切な印鑑です。3つある印鑑の中でも特に重要とされているものになります。印鑑セットを買えば実印として登録できる印鑑が付いてきますが、購入した時点で当然ながらまだ実印とは呼ばれません。実印は市区町村に申請を行い、登録された印鑑だけが実印と呼ばれます。その為、印鑑セットを購入したら実印として登録できる印鑑を市区町村に持ち込まなければなりません。

印鑑セットを購入する場合ですが、どんな印鑑でも登録ができるのかと言うと出来ないものもあるので購入時は注意が必要です。具体的に話すと自治体によっては細かい規定もあり、例えば印影の大きさが規定外により登録が不可なこともあります。その為、通販で購入する時に3つの印鑑が付いてくるからと言って調べずに購入すると失敗する可能性もあります。その為まずは登録が可能な印鑑かを調べましょう。

また、実印は不動産の購入や各種ローンの契約など重要な場面で使用可能な印鑑です。万が一複製されたらトラブルに巻き込まれることも考えられるので、書体についても考えなければなりません。実際に選ぶときは偽造されにくい書体を選ぶのが基本です。